私たちホクレンくみあい飼料は、北海道の酪農・畜産農家のみなさんに、JAブランドの「くみあい配合飼料」を製造・販売する会社です。
配合飼料とは、うし、ぶた、にわとりのエサのことですが、この配合飼料を北海道のすべての地域にお届けできるように、釧路市、苫小牧市、士幌町の3か所に工場を配置し、年間85万トン以上の配合飼料製品を製造しています。
私たちの使命は、お客様に「高品質で安全・安心な配合飼料を安定的に供給する」ことです。
工場では、原料の受け入れから配合飼料製品の出荷・在庫管理までの一連の生産管理システムをコンピューターで管理し、自動化を最大限取り入れるとともに、2003年に品質マネジメントシステムISO9001の認証を取得し以後継続しているほか、2017年に統合GMPガイドラインの適合確認を受けるなど、「くみあい配合飼料」の高品質性を確保するための品質管理に取り組んでおります。また、現在、苫小牧市にパートナー企業とともに、最新鋭の設備を備えた新工場の建設に着手しています。更なる高品質で安全・安心な配合飼料の供給ができるよう取り組んでまいります。

北海道で生産される生乳は、日本全体の生産量の5割を超え、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵の生産量も都道府県ランキングで上位にあり、北海道は日本の食の供給基地に位置付けられています。
消費者にとって、北海道産の牛乳、畜産物への信頼、期待は大きく、それに応えるために、酪農・畜産農家のみなさんは家畜を大切に育てています、そして、家畜にとって配合飼料は、欠かせないものです。牛も牧草だけでは育てられません。
私たちホクレンくみあい飼料は、「くみあい配合飼料」を製造し、農家のみなさんに供給することを通じて、消費者に「北海道のおいしい食」を届ける一翼を担っていることを誇りにしています。