谷川 祐介 2006年入社

前前前世から探してました!

畜産動物が口にする前の段階から「食の安全・安心を守る」ということが可能なのは、この会社しかないと思いました!

十勝工場 品質管理課 谷川 祐介

Q1、ホクレンくみあい飼料を選んだ理由はなんですか?

北海道で生まれ育ったこともあり、「食」に携わる仕事がしたいと考えていました。
そんな時に、牛・豚・鶏が口にする配合飼料を製造するというフードチェーンの川上に位置するこの会社を知りました。畜産動物が口にする前の段階から「食の安全・安心を守る」ということが可能なのは、この会社しかないと思いました。
ひとことで言うと「ビビッ!」と来たわけです。

Q2、ホクレンくみあい飼料ではどんな業務を担当していますか?

品質管理課に所属し、工場で製造した製品が規格に適合しているかを成分分析等により管理しています。
また、配合飼料を製造するうえでかかせない配合割合の作成、原材料や成分が記載されている表示票の作成、工場構内の衛生管理等、デスクワークからフィールドワークまで実施しています。
宴会部長(非公式)も兼務してます!

Q3、新人の研修制度はどんな内容ですか?

まずは社会人としての心構え(マナー)から始まり、当社が認証取得しているISO9001やGMPガイドラインについて、製造工場内作業における安全作業、畜産農場での実地研修等があります。
入社から半年ほどは忙しそうですが社会人として、畜産業界の人間としての基礎がしっかりと学べます。

Q4、会社の雰囲気はどうですか?

オンオフがしっかりしてます。
「プライベートが充実してこその仕事である」とは言ったもので。
皆さんが「家族との時間」や「趣味の時間」を大切にしており、プライベートにおいて仕事への活力を充電出来ているのだと思います。
風通しが良すぎて会社の窓が全部開けっ放しなのかと逆に心配です。
定時退社後のアフターファイブや休日を満喫するために業務中は全員が全集中常中です。

Q5、ホクレンくみあい飼料ならではの福利厚生はなんですか?

格安で昼食がとれるところです。
事業所によって違いはありますが、お昼(お弁当)の心配をしなくてよいのはとてもありがたいです。
私が勤務している十勝工場では毎週金曜日はカレーライスの日です。
一日のカロリーを全てここで摂取しているような方もいます。朝ごはんは食べましょう。
漫画のようなてんこ盛りで食べている方もいます。

Q6、仕事をしていて嬉しかったことややりがいはなんですか?

以前、テレビ番組で十勝工場が紹介されたことがあります。番組内において、配合飼料をご利用いただいている生産者の方が「安全・安心な飼料を安定供給してくれているのでありがたい。」と仰ってくださいました。
自分の仕事が人、社会の役に立っていると感じると嬉しいですね。
士幌町農協のスーパー アスポであの有名な「士幌牛」が手ごろな価格で買える時があります。

Q7、仕事をしてて大変だったことはなんですか?

私は高校の時からずっと文系でした。まさか化学分析の仕事をすることになるとは思いませんでした。
ミリグラムの細かい作業等に慣れるのには時間がかかった記憶があります。
理科室のようなところで仕事をしていると説明した結果、我が子は父が爆弾を作れると思っています。
笑えません。

Q8、この会社に就職してみて意外だったエピソードがあれば教えてください。

製造している配合飼料の種類の多さです。畜種、飼養ステージ、農場の方針等により様々な種類の配合飼料が製造されています。
この配合飼料を使い分けることにより、美味しいお肉や牛乳を生産することが出来るのだなと思いました。
私の勝手なイメージだったのですが、製造業ということで職人という感じの少々お堅いオジさまが多いのだろうと思っていました。
実際のところは業務のあいまに向こうからコミュニケーションを取りに来てくれる気さくな先輩、大先輩ばかりでした。

Q9、就職活動をしている人へのメッセージをお願いします。

自分のやりたいこと、向き不向き、自分を理解することはとても大変だと思います。
つらい時や苦しい時ばかりかもしれません。
ですが就活は長い人生の時間からみれば一瞬の出来事です。あまり肩肘張らずに乗り超えてください。
あわよくばあなたと一緒に働けることを毎夜、月に祈っています。
当社に少しでも興味を持っていただけましたら嬉しいです。